人にお金をわたす時なんかにお金を投げる人ってたまにいません?おもいっきり投げるわけじゃないんです。ミリ単位のことなんですけどね。よくコンビニのレジなんかでも目にする光景ですよ。あのちゃんと置くまで行かない、フワッと置くみたいなあれです。これやられた側はおそらくイライラしますよね?

私の身近にもこのような人が居ます。

私はよく解らないので、お金の哲学やら、金運のおまじないやら、風水は置いときます。それでもやはり、お金に関する振る舞いに品がない人は、お金に見放された生活を送る傾向が強いように感じるのです。
やはりお金には、ある種のお念といいますか、想いみたいなものが通じるのでしょうか。
そんな気がします。

穴の空いているお金

ご存知のように、日本の硬貨には穴の空いたものがいくつかあります。
現在では5円玉、50円玉がそうです。古くは銭形平次が投げていたことでも有名な、江戸時代の寛永通宝まで遡ります。

この穴が空いている意味ですが、実用的に紐でくくってまとめれるというメリットがあったり、似たような硬貨と間違えないように空けていたり、時代に依っては硬貨を作る材料費を少しでも削る為だったとも言われています。

我々日本人は5円玉や50円玉を見慣れていますので特に何とも思いませんが、実は海外ではこのように穴の空いた硬貨はまずありません。

世界的にも大変珍しいそうです。なので外国人が日本に来た際のお土産として、5円や50円硬貨をそのまま持ち帰る人も多いそうです。